e830b7072af0063ed95c4518b74f4392e573e6d104b0154693f8c27ea7edb4_640

英語を上達させる記憶術

英語が苦手な人にとって、どうすれば英語が上達するのか頭の痛い問題でしょう。しかし、英語を上達させるには「読む、聞く、話す、書く」を繰り返すことしかありません。この基本を抜きにして上達することは不可能です。特に声を出して読むことは重要です。

 

ひたすらスラスラ読めるまで繰り返すことが大切です。

もうひとつ大切なことは「英語脳」をつくることです。例えば、以下の英文を読んでみましょう。

Did you enjoy your vacation?
Yes, I visited my aunt.

日本語にすると

「休みは楽しかった?」「はい、おばさんのとこに行きました」

になりますが、直訳すれば

「あなたの休みをあたなたは楽しみましたか?」「はい、私のおばさんのとこに行きました」

です。

つまり日本語では「あなた」や「私の」はいちいち表現しません。

また、「~のとこに」という意味はvisitに含まれています。この違いが英語を苦手にしてしまう理由のひとつでしょう。さらに、「S+V+O」などの分法も嫌いになる要因です。英語が好きになるためには、「英語は英語のまま」にすることです。

Did you enjoy your vacation?も、「あなたは楽しかった?あなたの休み?」
Yes,I visited my aunt.は「はい、訪れました。私のおばさん」と訳せば良いのです。
また、英単語も「英語」で覚えることです。

私たちの周りにはカタカナ英語が数多くあります。まずは、カタカナ英語を正しい英語にしてみましょう。例えば、「イメージ(image)」は、発音は「イミジ」です。このようにカタカナ英語には、実際の英語の発音と異なるものが多くあります。また「クーラー」は日本で使うような意味では使いません。部屋にあるクーラーは、英語では「エアーコンディショナー」です。このようなカタカナ英語をチェックして、正しい英単語を知ることが大切です。そして、クーラーを見たら「air-conditioner」と呼ぶようにしましょう。生活の中で英語で呼ぶことが英語脳を育てることにつながります。

そして、お笑い芸人ではありませんが、「penはdeskの上にある」とか「時間にbe in timeして良かった」「testのresultは最悪」など日常会話の中に英単語を入れて話すことも効果的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA