ed33b00f2cf11c2ad65a5854e5494290e773e6c818b5164792f5c978a7e8_640

記憶術の基本的な練習にチャレンジ

基礎表ができたら、問題にチャレンジしてみましょう。最初は基礎表を見ながらでもOKです。第一問は、単語の記憶です。

練習問題Ⅰ
①時計 ②ジュース ③スーパーマーケット ④みっともない ⑤悲しい ⑥めだか
⑦なべ ⑧くるみ ⑨金融 ⑩沖縄サミット ⑪ミキサー ⑫どろんこ遊び ⑬カメ
⑭会社 ⑮タオル ⑯コンサート ⑰金魚 ⑱人口密度 ⑲タイヤ ⑳夜間飛行

基礎表の番号に置き換えたイメージを当てはめてみましょう。制限時間は5分以内です。
8割以上正解すればOKです。それ以下なら再度チャレンジして下さい。そして、24時間後にもう一度試してみましょう。さらに3日後におこなって8割以上正解していれば合格です。

単語の記憶ができたら、短文の記憶をしてみましょう。

練習問題Ⅱ
①悪事千里を走る ②高校野球ももう終わった ③メダカの学校に入学したい
④マジックインクが切れた ⑤ルパン三世は面白い ⑥苦しい時ほどがんばれ
⑦夏休みももう終わりだ ⑧最近立ち食いそばばかり食べている
⑨ノストラダムスの予言ははずれた ⑩今夜は早く寝るぞ ⑪渋滞に巻き込まれた
⑫映画を見るのは久しぶりだ ⑬サッカーより野球が好きだ
⑭パチンコにはまってしまった ⑮臭いものにフタをするな
⑯キリギリスと草は仲良しだ ⑰勝手なことを言うヤツがいる
⑱のんびりと温泉につかりたい ⑲朝早く目が覚める ⑳資格を取りたい

置き換えのやり方は、例えば家の中のものが基礎表で、①が「ドア」だとしたら、ドアを開けたら、「千里」と書かれたかぶとの悪者が馬に乗って走りこんでくるイメージを作りましょう。制限時間は10分以内にします。8割以上できればOKです。また、24時間以内にもチェックしましょう。さらに、もう少し長い文章にも挑戦して下さい。

最後に日本国憲法の条文の記憶にチャレンジしてみましょう。

練習問題Ⅲ
・第一条 天皇の地位・国民主権 ・第二条 皇位の継承
・第三条 天皇の国事行為に対する内閣の助言と承認
・第四条 天皇の機能の限界、天皇の国事行為の委任 ・第五条 摂政
・第六条 天皇の任命権 ・第七条 天皇の国事行為 ・第八条 皇室の財産授受
・第九条 戦争の放棄、戦力および交戦権の否認 ・第十条 国民の要件
・第十一条 基本的人権の享受 ・第十二条 自由・権利の保持の責任とその乱用の禁止
・第十三条 個人の尊重・幸福追求権・公共の福祉
・第十四条 法の下の平等、貴族の禁止、栄典
・第十五条 公務員選定罷免権、公務員の本質、普通選挙の保障、秘密投票の保護
・第十六条 請願権 ・第十七条 国及び公共団体の賠償責任
・第十八条 奴隷的拘束及び苦役からの自由 ・第十九条 思想及び良心の自由
・第二十条 信教の自由

最初から条文を暗記するのではなく、大雑把に憲法の項目を覚えることが大切です。
これは、カワラ屋さんとペンキ屋さんの違いに例えることができます。

カワラ屋さんは、瓦を一枚一枚ていねいに屋根に並べていきます。一方、ペンキ屋さんは、まずは大雑把にペンキを塗ってから、こまかく仕上げていきます。効率よく記憶をするためにはペンキ屋さんの方式がベストです。まずは、憲法の条文の項目を覚えることから始めましょう。大きな部分を頭に入れれば、詳細なことがよりスムーズに入るようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA