e835b00a2dfd053ed95c4518b74f4392e573e6d104b0154693f7c47ca1edbd_640

イメージトレーニング

イメージは記憶術の基本ですが、「イメージを浮かべて下さい」というとテレビや映画の鮮明な映像を思い浮かべようとする人がいます。

 

しかし、イメージを鮮明に浮かべられる人は、めったにいません。イメージはぼんやりとしたもので良いのです。懸命にしっかり
としたイメージを浮かべようとすればするほど、イメージは浮かばなくなってしまいます。

 

目を閉じなくてもイメージはなんとなく浮かぶはずです。例えば、「りんご」をイメージして下さい。なんとなく頭の中にりんごのイメージが浮かぶはずです。では、次のものをイメージして下さい。

・ぶらんこ

・冷蔵庫

・トマト

・カブトムシ

・太陽

・スリッパ

・みかん

・せみ

・めだか

・ハンバーガー

・校庭

・川

・クーラー

・ふすま

・桜

・ボウリング

・キャベツ

・キャンプ

・しょうゆ

・電話

・うさぎ

・かご

・海水浴

・やかん

・日の丸

どうですか?なんとなくイメージが浮かんだはずです。難しく考えずに、なんとなくイメージできれば良いのです。

五感を使ったイメージトレーニング

  1. まず、手のひらを上にして右手を広げて下さい。そして、手のひらにレモンが乗っているのをイメージします。
  2. そしてそのレモンを手のひらで転がしてみましょう。
  3. 転がった感じがしたら、次にレモンを握り潰します。
  4. ギュッと握るとレモンから汁が出てきます。なんとなく出てくるイメージを描いて下さい。
  5. そっと手を開くと指や手のひらに汁がついています。この汁の匂いを嗅いで見ましょう。
  6. なんとなくレモンの匂いが感じられれば成功です。これも厳密に考えなくてOKです

五感を使ってイメージすることが大切なことなので、まずは気軽にチャレンジして下さい。

最後は、イメージを飛躍させるトレーニングです。これは、「外連想」とも言われるもので、強烈なイメージを描くための方法です。次の質問に答えながらイメージの世界を広げてみましょう。

Q1 目の前に動物がいます。どんな動物ですか?

Q2 どのぐらいの大きさですか?

Q3 体の色は?

Q4 今、何をしていますか?

Q5 その動物の右には何が見えますか?

Q6 左には何が見えますか?

Q7 あなたの後ろには何がありますか?

Q8 上には?

Q9 今の季節は何ですか?

Q10 気温はどうですか?

Q11 時間は何時ごろですか?

Q12 突然、ゴジラが現われました。さて動物はどうしますか?

Q13 ゴジラと動物を戦わせましょう。

Q14 あなたも一緒にゴジラをやっつけましょう。

 

どうですか?ゴジラを撃退できましたか?このように強烈なイメージを作り出すことが、記憶術には重要な要素です。是非イメージの飛躍を楽しんで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA